直葬について

直葬について

身内が亡くなると、「葬儀を行わなくては」と思われる方も多いと思います。しかし、中には「葬式を出してあげる、費用がない」という方もいると思います。お葬式というのは、あくまでも残された家族のために行われるもの。そのため、費用が出せない方は、無理をして葬儀を行う必要はありません。そんな時は、直葬という方法があります。

 

では、直葬とはどういったものなのか、ご紹介しましょう。通常、人が亡くなった場合には、お通夜を行い、葬儀を行い、告別式を行い、火葬場などに向かうことになりますよね。しかし、直葬の場合には、お通夜や葬儀、告別式などは一切行わず、亡くなった方をすぐに火葬するという方法。火葬式とも呼ばれており、親族のみで行われるものとなります。「家族葬のことを言うの?」と思われる方もいると思いますが、家族葬と直葬はまた違ったものとなります。

 

実は、最近ではこの直葬が増えてきています。「どうして、葬儀などを行わない人が増えてきているの?」と不思議に思われる方もいると思いますが、身内や親族がいない方や、費用が払えない方、故人の意思によるものなども挙げられます。最近では、信仰心なども薄れてきていますから、葬儀を深く考えていない方も増えてきているでしょう。

 

このように、身内の方が亡くなった場合には、直葬という方法もあります。何らかの事情で、お金を用意出来ないなどの場合には、こういった直葬により、故人を送りだす方法もあります。