戒名料について

戒名料について

故人のために、「戒名は、しっかりとしたものをつけてあげたい」と考えている方もいると思います。戒名料の費用は、決して安いものではありませんから、それぞれの予算に応じて付けてもらう必要があります。

 

では、戒名料について、ご紹介しましょう。そもそも、戒名とはどういったものかというと、故人の方が、あの世で使う名前のこと。宗教によっては、戒名とは言わず、法名と呼んでいるところもあります。戒名は、上から院号、道号、法号、位号、置字が入っていることになり、位によっても料金が変わってくることになります。「戒名料としては、どのくらいかかると考えて置いたら良いのだろう?」と思われる方もいると思いますが、全国の平均としては40万円前後が平均と言われています。宗教によっては、もっと高い料金設定のところもあれば、安い設定のところもあるでしょう。戒名を付ける際には、事前にお寺の方などに相談することも出来ます。料金に関しては、なかなか聞きにくいという方も多いと思いますが、はっきり相場などを教えてくれるお寺もありますので、事前に確認してみるのも良いですよ。戒名料は、あくまでも故人に対する思いや、お寺に対する思いなどによって決まってくるものとなりますから、無理に高い戒名を付ける必要はありません。それぞれの予算に合わせた、戒名を選ぶと良いでしょう。

 

このように、戒名料は地域によって、宗教によっても変わってくるものになりますから、事前にお寺などに相談してみると良いですよ。