仏教式の葬式

仏教式の葬式

葬儀に参列した際、「これって、どうすれば良いの?」と分からないことがある時がありますよね。特に、今まで参加したことのない宗教の葬儀の場合には、戸惑うことも多いでしょう。
では、仏教式の葬式のマナーについて、ご紹介しましょう。仏教式の葬式は、日本では多い葬儀となるでしょう。葬儀に参列した際には、「ご冥福をお祈りいたします」と、ご家族などに伝える方もいると思いますが、実は浄土真宗以外の仏教の場合には、この言い方は好ましくないと言われています。

 

また、葬儀に参列した際には、お香典を持って行くことになりますが、その際どういった封筒をみなさん選んでいるでしょうか。お香典、御霊前など、様々なものがありますが、浄土真宗の場合には御霊前と書かれたものは使いませんので注意が必要です。浄土真宗の場合には、御仏前と書かれたものを選ぶのが一般的とされています。また、こういった不祝儀袋には、ハスの花が印刷されているものなどが多いですが、このハスの花が描かれているものは、仏教式のものとなりますから、それ以外の宗教の葬式に参列する際には、使用することは出来ません。意外に、こういったマナーなどは知らない方も多いのではないでしょうか。

 

このように、仏教式の葬式に参列する際には、言葉選びや不祝儀袋選びなどにも注意が必要となります。仏教式の葬式に参列する際にも、出来れば事前にどの仏教の葬式となっているのかを確認しておくと、失礼なく参列することが出来るでしょう。