神道式の葬式

神道式の葬式

みなさんは、色々な方の葬式に参列した経験があると思いますが、その中でも神道式の葬式に参列したことはありますか。「そういえば、そういった葬式には参列した経験がない」という方が多いのではないでしょうか。

 

では、神道式の葬式のマナーについて、ご紹介しましょう。まず、神道式の葬式に参列する際には手順があります。どういった手順かというと、まずは遺族の方と神官に一礼を行うことになります。その後、玉串を渡されますので、それを受け取り、根元を右手、葉先を左手で支えます。胸の高さまで玉串を持ってきて、右回しで葉先を祭壇に向けます。次は、右回しで次は根元を左手、葉先を右手に持ちかえます。そして、その玉串の根本を祭壇に向けた状態で、置きます。その後、二礼を行い、音を出さずに手の平を2回たたき、一礼して下がります。二礼二拍手というのは、神道の基本のマナーとなりますから、覚えておくと良いですよ。「神道式の場合には、不祝儀袋は、どういったものを選べば良いの?」と不安になる方も多いと思いますが、神道式の場合には、ハスの花などが描かれていないもの、熨斗がついていないものを選び、御霊前、御玉串料と書かれたものを選ぶと良いでしょう。

 

このように、神道式の葬式の場合には、仏教の葬式とは違った手順があります。参列した経験がない方にとっては、とまどうことも多いと思いますので、事前に手順などを頭に入れ、参列すると安心して参列することが出来ますよ。