キリスト式の葬式

キリスト式の葬式

葬儀に参列する際には、「葬儀のマナーが、あまり分からないから不安」と感じている方も多いと思います。特に、今まで参列した経験のない宗教の葬式の場合には、「不安だなぁ」と感じる方も、多いのではないでしょうか。

 

では、キリスト式の葬式のマナーについて、ご紹介しましょう。キリスト式の葬儀の場合には、言ってはいけない言葉があります。それは、「ご愁傷様です」という言葉。仏教などの場合には、遺族の方や受付などでこういった言葉を言うことが多いと思いますが、キリスト式の場合には、この言葉は相応しくありませんので注意しましょう。「じゃあ、どう伝えればいいの?」と思われる方もいると思いますが、キリスト式の場合には、「安らかに眠れることを、お祈りしています」などと伝えると良いでしょう。キリスト式の場合には、お線香などはありません。ご焼香などは行わずに、献花を行うことになります。キリスト式の葬式の手順としては、右手の方に花、左手の方に根元を持ち、祭壇の前で一礼を行います。そして、花を右回しで動かし、手前に花がくるようにします。次に、花を右手、左手を入れ替えた状態で、花を置きます。最後は、遺影に向かって一礼を行い下がることになります。

 

キリスト式の葬式の場合には、葬式の際に讃美歌などを歌うことが多くなりますが、事前に歌詞カードなどを配ることがほとんどですので、周りに合わせて歌うことで問題ないでしょう。不祝儀袋は、お花代、もしくは御霊前と書かれたものを選べば問題ありません。