新興宗教の独自の葬式

新興宗教の独自の葬式

知り合いがなく亡くなった際、「葬儀に参列したい」と思いますよね。しかし、中には「そういえば、あの人新興宗教を信仰していたから、葬儀も新興宗教独自のものを行うのでは?」と思われる方もいると思います。新興宗教独自の葬式となると、「マナーが分からないから、参列しても大丈夫だろうか?」と心配になりますよね。

 

では、新興宗教独自の葬式のマナーについて、ご紹介しましょう。新興宗教独自の葬式に参列する際には、あくまでも「故人を送ろう」という気持ちが大切となりますから、「こんなことをするの?」と思っても、アナウンス通りに従って、参列する様にしましょう。葬式というと、お数珠などを持参する方が多いと思いますが、新興宗教によっては、お数珠は相応しくないこともあります。周りの雰囲気を見て、お数珠などはしまう様にしましょう。また、新興宗教独自の葬式の場合には、時間配分や予定などはそれぞれ異なってきます。「普通、葬式といえばこのくらいで終わるだろう」と考えておくと、もっと時間がかかることもあります。そのため、参列したことのない信仰宗教独自の葬式の場合には、時間に余裕を持って参加することが必要となるでしょう。

 

このように、新興宗教独自の葬式に参列する際には、その新興宗教に合わせた参列方法を行うことが必要となります。自分が信仰していない宗教の場合には、戸惑うことが多いと思いますが、あくまでも故人を送るためと思い、参列すると良いでしょう。

新興宗教の独自の葬式関連ページ

仏教式の葬式
神道式の葬式
キリスト式の葬式