供物について

供物について

葬儀の際には、祭壇などに様々なものが置かれていますよね。その中には、供物なども多く置かれることになるでしょう。葬儀に参加したことがある方は、「ずいぶん、個々の祭壇には供物が積まれているなぁ」と感じたこともあるでしょう。この供物、葬儀が終わった後は、どうなっているのかご存知でしょうか。

 

では、供物について、ご紹介しましょう。供物は、いわばお供え物。現在では、故人の親戚などにより供物を出すことが増えてきていますよね。熨斗紙などには、親族一同と書かれていたり、親族の名前が書かれていることもあるでしょう。「遠方で葬儀に参加することが出来ないから、せめて供物だけでも」と送られてくることもあるでしょう。供物は、大きさによっても異なりますが1万円程度から2万円程度のものが多く、中身は果物やジュース、缶詰などが入っています。葬儀が終わった後、これらの供物で果物などはご遺族が持ち帰り、仏壇などに飾ることが多いでしょう。缶詰などは、親戚などに配られることも多くなります。料理などを出した場合には、料理を食べ終わった後に、これらの供物を葬儀業者によって分け、親戚などに配っているところもあります。

 

このように、葬儀の際に置かれている供物は、様々な種類があり、ご遺族の方、親戚の方に配られることになります。ご遺族の場合には、自宅にお参りに来られた方などに、お茶受けとして出すことも出来ますから、大切に用いられていることになります。